ちかごろのヤギさん
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59  
YYYGトップにもどる
ほんとのヤギトップへ
NO.59
2019.12.31
2019.12.31
  犬を連れて帰省中の娘と、前山に散歩に行きました。娘が写真をいっぱい撮ってくれました。好奇心でいっぱいのまだ幼ない犬を、適当にかまったり、あしらったり、まだお腹もそれほど大きくない二コも身軽に動いて楽しそうでした。大晦日の日に、雪も無く、こんなに温かな陽射しを浴びて散歩出来るとは、嬉しいような、怖いような、です。

 

  自由な散歩を覚えた犬が、次の日の夕方行方不明になりました。散々探してもみつからず、20時過ぎた頃に、自分で戻ってきました。さぞかし、冒険をしてきたことでしょう。次の日からは犬はまたひも付きになってしまいました。ヤギさんはどこへも行かないので自由です。

2019.1.22
  雪のない冬、お腹が少し大きくなってきましたが、まだまだ軽快に歩いています。落ち葉も少し食べますが、毎年この時期にいただく干葉がごちそうです。

  2020.1.28
  10センチくらいの雪が積もりました。除雪車は来ること無く、グショグショ雪からみぞれに。この頃、ニュースは中国での新型コロナウィルスの感染の広がりで騒がれていましたが、自分達のところにその波がくると、誰が予想出来たでしょう。まして、山暮らしの自分達に、、、。
  2020.2.12
  温かな日ざしの中を、散歩して帰ったヤギさんに、友人から貰ったブロッコリーの葉をあげると、お代わりを要求するのでこんどは水菜を。雪が無いので青菜を機会あるごとにもらって、満足気です。秋に山ほど貰った傷リンゴも、春まで(人も)毎日少しずつ食べています。
  2020.3.19
  ゆっくりでも、とにかく運動!運動!と、飼主が自分に言い聴かせて、この日も散歩に。だんだんと登りがしんどそうになってきました。出産まで1ヶ月半もあるのに、おなかがけっこうな大きさになってきました。3頭いるかも!上り坂の急なところで、立ち止って、ハアハアしてます。
  2020.3.19
  あんまりおなかが大きいので、間違いなく3頭いる。ならば早く産まれるかもしれぬ。と、暖かな日を選んで半日づつ2日かけて堆肥出しをしました。夫が一緒に作業してくれたので、楽をしました。「これからは、出来るだけ二人で楽しくのんびりやろう!」と言うことに。昨年から私は炭焼きをしているので、消臭用に細かい炭のクズを撒いてみました。さあ、いつでもどうぞ!(27日に生まれました。こちらからどうぞ