ちかごろの
ヤギさん
1
2
3
4
5
6
7
8
9
28 29 30 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57      
YYYGトップにもどる
ほんとのヤギトップへ

NO.57


   
2019.1.07
2019.1.18  干葉も、マメガラも、サツマイモの蔓も十分すぎるくらいあるし、雪が少なくて散歩のできる、ヤギさんにはうれしい冬でした。
 

2019.1.30  少しの雪なら「散歩に行こう!」

2019.2.01
 

2019.2.17 人が来ると、散歩!
2019.3.14 雪のあるときは、まったりと反芻!

 
 

2019.3.18 ふきっ玉とり散歩

   
2019.3.20
大きなおなかで「一本橋わたる」みたいなことしないでほしい。
 
2019.4.14
山がふんわり、もうじき出産
2019.4.17
急な坂も、うんどううんどう!
 

2019.4.19

 山桜が開き始めました。とにかく行かれるときは散歩に行くと決めて、朝の時もあれば、薄暗くなる頃のことも。安産のためといいながら、美しい春の山をやぎさんと、歩くのは、忙しい暮らしの中のほっとする時間です。おなかのはち切れそうなヤギさんは、やっと生え出した青草をおいしそうに食みながら、のんびりと、ゆっくりと、はるかに遅れてついてくることも・・・。

2019.4.20
 

2019.4.21 大型連休には産まれる予定。天候を見て、1週前には堆肥出しを終えました。今年は夫が頑張って一緒に作業をしてくれたので、とても楽でした。二人でのんびりやれば、まだしばらくはヤギ飼い頑張れるかな。「さあ、いつ生まれても大丈夫だよ!」

2019.4.23 小屋がきれいになると、どてっと座り込んでいることが多くなりました。2歳で2産目、健康だけれど、3頭いたら子育ては大変だから「2頭だといいな。いやいや、無事生まれるなら、何頭でもいいよ。メスだといいな。いやいやオスばかりでもかまわないからどうか安産でありますように!」と、飼い主の心も揺れる頃。「よし!さんぽにいこう!」
子ヤギの誕生記録