ちかごろの
ヤギさん
1
2
3
4
5
6
7
8
9
28 29 30 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53              
YYYGトップにもどる
ほんとのヤギトップへ

NO.33

猛暑 2012年8月9日

 本当に暑い夏でした。ヤギさんは日中はほとんど動かず、風通しの良い日陰で反芻をしていました。写真のような霧の朝も、この霧が晴れると一気に夏の日差しが照りつけました。朝8時くらいまでが、ヤギさんの幸せな時間、どんなに暑い日も朝方は涼しいし、アブも飛んできません。雨が少なくて、ヤギ小屋が からっと していたためか、蚊は少ないように感じましたが、日中ヤギが運動場を走り回って、「べエー!」と泣きわめくときは、大きなアブがヤギをしつこく追い回していました。ヤギ小屋の壁には蠅たたきがぶら下がっています。アブ殺しで私は地獄行きかもしれません。

 朝の内においしい餌を思いっきり食べるヤギさん。クズの葉と、畑や道の脇の草、この季節ならでのスイカの皮や大量の野菜くず、ちょっと水分が多すぎと思った時には冬餌用の豆がらの残りも与えました。みんな喜んでむしゃむしゃと食べるので、人が来ると「ヤギってこんなに食べるんだあ!」と驚かれます。8月以降ミルクの量は3リットルに落ち着いていますが、毎日それだけのミルクを出すのだから、たくさん食べるのは当然!
 ヤギミルクのシャーベットが、無くなると次を仕込む日が続きました。

 搾乳後、「ああ、軽くなった!」という表情に見えます。おそらく今が一番身体の充実した時期なのだと思います。髭も立派になってきました。もう3産くらいは何の心配もないでしょう。
 夏休み中にお隣に遊びに来た子どもたちがヤギ小屋を訪ねてくれて「おばちゃん、ヤギのおさんぽにいく?」と聞いてくれましたが、「陽の高いうちはヤギもおばちゃんもいやだあ!!」秋になったら、またいっしょに、おさんぽに行こうね。ヤギさんの水入れが空になっていると、黙って水を入れてくれました。

 ヨウマヒの予防注射の2回目を9月2日に打ちました。7月にはまめにしていた爪切りも、8月はさぼったので、9月に入ってまた再開しました。
 近所のおじいさんが、軽トラにクズを山のように積んできてくれたり、ビーバーで道の草を刈るときに、きれいに寄せておいてくれたのを、集めたりして、幾日も草刈りをしないで済んでいます。ところが、草刈りをしない今朝、豆がらを運ぼうとして蜂に刺されました。2年間蜂に刺されなかったのに今年は3回目です。庭の「ヘビイチゴ」をつぶして擦りこむと、痛みはほとんど消えました。でも唇だったので、ひどい顔になりました。 やぎさんは素知らぬ顔!!   2012.9.4

残暑 2012年9月4日