ちかごろのヤギさん
1
2
3
4
5
6
7
8
9
28 29 30 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51                  
YYYGトップにもどる
ほんとのヤギトップへ
NO.9

        2006.8/23 

 お盆が過ぎても涼しくなりません。日がすこし短くなったので、夕方の乳搾りの後に久しぶりに連れ出しました。草を食べている間に道に這い出したクズの葉を寄せていたら、そのすきにひとりでとっとこ帰って行ってしまいました。追っかけて声をかけると、振り向いてちょっと待って、またとっとこ。乳搾りの後だから軽快に走れる!(前だと、重い乳がじゃまで思うように走れません。)乳量は2.5リットルくらいになりました。
 今度の日曜にヨウマヒの予防注射をもう一度打ちます。
 この夏はヤギミルクのシャーベットが、作っても作ってもすぐに無くなりました。

 

「おーい!なんでひとりでいっちゃうの?」
「アブがいるからいやーだ!」

  2006.9/21 

 涼しい風が通り抜け、木陰はとてもさわやかです。乳量は2.5〜3リットルの間を行ったり来たりしています。巨峰をいただいてはヤギミルクを差し上げ、クリや、シフォンケーキをいただいてはカッテージチーズを差し上げ、毎日のように食べきれないキュウリやナスが「やぎに」と集まります。明日は娘の誕生日、クリームをホイップしたのと、サワークリームのと両方の小さいケーキを作ります。ひたすら食べて、のんびり反芻して、お乳を出して、このやぎさんは一度も具合の悪くなったこともなく、たいしたやぎさんです。「よし、きっと大丈夫、今年も種付けしよう!」

2006.10/20
霧の朝のヤギさんです。
少し色づいてきた山も霧の海の向こうです。


2006.11/2  やっと発情が来て一安心。鳴き声もおさまり、暖かい陽ざしの午前、まだクズが青い斜面に連れて行きました。3週後に交配します。