ちかごろの
ヤギさん
1
2
3
4
5
6
7
8
9
28 29 30 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55          
YYYGトップにもどる
ほんとのヤギトップへ
NO.55
2018.4,09
やぎとKちゃん
 3月中旬になっても時々ミチルのミルクを搾りました。お隣のKちゃんが小学生になるときにミチルの名前を付けてくれたのですが、中学校を卒業して3月15日に一緒にいった散歩が、ミチルとの最後の散歩になりました。
ヤギと山を下る

お別れの日 2018.3/19 
 いつも別れは突然です。「近くに来る都合があるので、引き取りに行きます。」とお願いしてあった業者のメリーランドさんから、朝電話がありました。最後の写真を撮りに行くと、穏やかな表情で反芻していました。9年間、ありがとう。19頭の子ヤギをを無事に産んで育てました。しかもそのうち15頭がメスでした。子孫がきっとたくさん増えていることでしょう。たくさんのミルクをいただき、たくさんの人とのつながりを作ってくれました。どんなに感謝しているか、伝えようもありません。

お別れの日の母子ヤギ
                   
1頭になって  2018.3/28・29
 ニコは、母さんヤギがいなくなって、あきらかに心もとないような、寂しい様子を見せました。運動場の鶏小屋に近い場所で寝そべっていたり、人の声が聞こえると、小さく鳴いて、づーっと家のほうを見つめていたりしました。それでも、1頭になってこれまでよりもりもりと食べられるようになって、おなかもだいぶ膨らんできました。
kusawotaberuyagi
山桜とヤギ
早い桜の頃  2018.4/3・9・13
 今年の桜は早く咲きました。山桜が美しいころの出産が多いのですが、ニコの予定日は5月中頃。まだまだ身軽な動きのニコです。それでもだいぶ大人の体形になってきました。
とにかく運動、運動、散歩!!ヤギにひかれて、人も歩きます。青草が出てきて、ヤギにはおいしい散歩。
堆肥出しの運搬車
堆肥出し  2018.4/26
 一日かけて、堆肥出しをしました。運搬機12杯ありました。邪魔をするヤギを外に追いやって草を食べさせ、家の前の高い段にある畑のわきに積み上げました。涼しい日を見計らって作業をしたのですが、山つつじが満開の坂を運搬機で登るなんて、こんなに遅い時期の堆肥出しは初めてでした。「ニコが5歳になると私が70歳かあ・・ああ、そうしたら二日かけてやればいいか!」と、作業後草の上に大の字になって空を見ながらつぶやきました。その数日後には西日除けの藤の花も満開になりました。

生まれました。  2018.5/14

 

 5月に入ってからは、ほとんど毎日山へ散歩に行きました。親戚のじいじが滞在中はいつも一緒に歩きました。右写真は10日、草を食べ食べの散歩です。出産した14日は、ニコは草を食べることもなく、手前でさっさと帰ってしまいました。その3時間後12時半にはメス1頭を無事産みました。1歳のヤギの初産としては、無理のない、母ヤギとしてのしぐさも素晴らしい出産でした。子ヤギの誕生記録もご覧ください。