やぎさんいます
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
18
27 28 29
リンク・トップへ 目次へ YYYGトップにもどる
no.25 ふじたさんちのやぎさんたち 長野県伊那市
2010.4.17

 「ヤギというと一般的には白色やけど、この子は色があって顔の模様はガゼルみたい…グリーンファームで昨年末からこれまでに生まれたヤギの中で、一番のお転婆娘やったみたいやけどその姿がピンときたのか、とにかく我が家にはちょうどいい。」ふじた

ヤギを飼うという念願かなって4月13日に迎えたばかりのこの子の名前を、ふじたさんはいろんな思い入れもあって“こむぎ”ちゃんと名づけました。こむぎちゃんはシバヤギとザーネンの混血です。
ふじた家の3人のお子さんは大喜び。さらに、こむぎちゃんが来た日からさっそく近所の方が親子で見に来られたそうです。
子どもたちとこむぎちゃんが一緒に成長していくのがたのしみですね。

ヤギさんのことを家族みんなで考えて
あれやこれやと大変かもしれないけど、
とにかくヤギさんとの暮らしを
大切にしていきます。」ふじた

「自宅を新築した当初、ヤギ用に建てた小屋はしっかり物置と化した。しょうがないからというわけでもないねんけど、隣の空き地を借り、ヤギ用に4坪ほどのビニールハウスを建てた。それからご近所の農家Iさんの協力のもとでまた一歩、夢がかなう・・ほんまに有り難いと思う。時々駒ケ岳からの強い風が吹くから小屋がわりのビニールハウスも補強を入れて、稲わらを敷いて…。なんとかこれでしばらくは我慢してやこむぎちゃん。」

こむぎちゃんとの暮らしをいっぱい載せてくださいね。
(YYおばさん)

1月末のこむぎちゃん(左)です。年末に生まれました。行く先が決まっていたのにキャンセルになってふじたさんのところに・・。ラッキーでした。

3年後です
 「こむぎ」ちゃんは2012年2月初めに残念ながらなくなりました。でも「こむぎ」ちゃんの娘の「チョコ」ちゃんが2013年1月に子ヤギを2頭産みました。子ヤギのお父さんはシバヤギ「カムイ」君。さらに真っ黒なトカラヤギの「ロロ」君も迎えて、今はなんとヤギさんが5頭です。ヤギとの暮らしを楽しんでいる様子が写真を見ればわかりますね。


2013年1月17日生まれて6時間後(下2枚)

 
 藤田さんのお住まいの近くに行く機会があり、先日お留守の家に訪ねました。ヤギさんたちに伝言していてくれたので、みんな歓迎してくれました。雪の中でも、子ヤギがふわふわで元気にしていて、子ヤギを触っていると、チョコちゃんとロロ君が寄ってきてすりすりハムハムしてくれました。向かい側のカムイ君は自分のおうちを どん どん と頭突いていました。それもどうやら照れ隠しだったようで、うれしくなってしまいます。子ヤギはオスとメスで一見白いけれど、首の後ろや背中にわずかに色が見られました。
こむぎちゃんの子のチョコちゃんが、立派なお母さんになって・・・3年の間にいろいろありましたが、ヤギさんとの暮らしを藤田家の皆さんは大事にされていると思いました。
地域でも、子どもたちのために、さまざまな活動をされているので、忙しいことと思いますが、こんな風にヤギを飼うことのできる藤田家の子どもたちはヤギさんに負けず成長しているに違いありません。

さて、子ヤギはどうするのかなあ・・

「一頭は近所に里親となってくださる方があるのですが、さてさて・・・。 しばらく赤ちゃんの成長を家族で見守る日々です。」

とおっしゃっています。 

                          2013年2月25日