NO.6 ヤギ の 物語など
yyygトップへ   おはなしトップへもどる
ohanasiohanasioohanasiohanasiohanasiohanasiohohanasiohanasiohanasiohanasiohanasioh
アカチンじるし
(「読書の時間に読む本2/
小学4年生」の中の一話)

(ポプラ社)
平塚武二
西本鶏介 編
 ヤギを飼っているお医者さん、トラヒゲ先生は小学校の身体検査で、健康な子どものおなかにアカチンで三重丸をかきます。嫌がる子どもたちに「うちのメエ公のおなかにも三重丸がかいてある」というのです。ほんとうでしょうか?先生のむすこと友達がメエ公のおなかを確かめに行きます。
「タケヤブ村のトラヒゲ先生」(国土社)1969所収のおはなしで、今の子ども達にも読みやすくなっています。ヤギを飼っているお医者さんがきっといたのでしょうねその頃は。写真は挿絵です。
コブタくんとコヤギさんのおはなし
(福音館書店)
ヴァーツラフ・
チトウグルテック

関沢明子 訳
にしむらあつこ 絵
 なかよしのコブタくんとコヤギさんはいっしょにくらしています。やんちゃなコブタくんと気のいいコヤギさんのユーモアたっぷりのおはなしが6話入っています。作者はチェコの作家です。
コヤギさんはコブタくんよりかしこくてぶんべつがあるのかとおもったら、そうでもありません。私は、「コブタくんとコヤギさんがくりをやいたおはなし」が好きです。
 
子ヤギがうまれたよ!
(新日本出版社)
長谷川知子 作・絵
 小学校に2頭のヤギがやってきます。オスのラッキーが病気になって死んでしまうのですが、メスのハッピーが妊娠していることがわかり、子どもたちは出産を見守ることができました。命のつながりを悲しみや喜びとともに受けとめて、子ヤギを見守りながら、いっしょに成長していく子どもたちが目に浮かびます。
 
なかよしヤギ一家のECOプロジェクト
はじめてのノンフィクションシリーズ
(佼成出版社)
深山/さくら 著
 鉄道の線路の脇やプラットホームの周りの空地でのんびり草を食べるヤギさんが いたら、人気者まちがいなしですね でも、保線所の所員さんたちのヤギへの愛情と、労力なしには実現しません。 西武池袋線の武蔵横手駅での、ヤギさんたちのECO活動を紹介しています。