NO.3 ヤギ の 物語など
  (児童文学・童話)

yyygトップへ   おはなしトップへもどる
1
2
3
4
5
ヤギのリリのおくりもの
(ひくまの出版)
岩崎京子 作
笠原理恵 絵
 山の上の小さな学校には、ウサギ、アヒル、ブタ、ニワトリ、ヒツジ、ロバなど、たくさんの動物がいます。
そこへヤギのりりがやってきます。
しいくががりになった三年生のクラスは、りりの出産や、病気、ちちしぼりなど、いっぱいいろんなことにであいます。
りりとともに、ないたり笑ったり。
ほんとうにあった、お話です。

あらしのよるに
(講談社)
りとるシリーズ
木村祐一 作
あべ弘士 絵
 ごちそうなのに友達で、なかよしなのにおいしそう!? 笑って、どきどきして、心がきゅんとなって、なやんじゃうシリーズです。物語はとても有名になりましたが、あべさんのすばらしい絵も楽しんでください。
 あらしの夜にであったヤギのメイとオオカミのガブは、お互いが見えないまま友達になって、またあう約束をします。
あるはれたひに
 
 あるはれたひに約束の場所でふたりはあいました。 オカミとヤギだとわかって、とまどいながらもふたりは友達。
くものきれまに
 
くものきれまに、メイはまたガブにあいにいきます。 友達のヤギの登場で、ハラハラ。
きりのなかで
 
 きりのなかでいのちびろいをしたメイ。
ガブが助けなければ、ガブの仲間のオオカミに食べられていました。

どしゃぶりのひに
 
 どしゃぶりのひに、ふたりはたにがわをこえてにげます。 やぎの仲間にも、オオカミの仲間にも、ふたりが友だちと知れてしまいました。
ふぶきのあした
 
 ふたりはいつまでも、どこまでもいっしょにいたいとにげますが、オオカミたちはすぐそこまで追ってきます。 ふぶきでたべものもありません。・・ ふぶきのあした、メイはただひとりガブをよびつづけます。

まんげつのよるに
 
 ガブは必ず生きていると信じて待っていたメイ。あきらめかけたメイの前に現れたガブは、メイがおいしいごちそうにしか見えないオオカミになっていました。まんげつの夜にガブの記憶がよみがえります。
しろいやみのはてで
 
 このシリーズの特別編です。しろいやみのはてでヤギのメイとオオカミのガブが思い出を語ります。